調理器具の素材によるお手入れの違い

この記事をシェアする

求めるのは切れ味かお手入れの手軽さか

包丁は、調理方法を問わず使われる調理器具です。
料理によって変える、というよりも、合うか合わないかが重要になります。
素材によるお手入れの方法の違いが、そのポイントとなるでしょう。
例えば、プロの調理人も愛用する鋼(鉄)の包丁。
鋭い切れ味が最大の魅力で、プロのみならず、料理好きにも人気があります。
切れ味が鈍っても、研ぐことで復活させることができるため、一生ものともいわれます。
ただし、錆びやすいため、水気をしっかりとふき取ってから保管したり、歯を研ぐメンテナンスが面倒というデメリットもあります。
日頃お手入れをすることで、自分好みの包丁に育てている感覚もあり、それが道具への愛着にもなるため、お手入れが苦に感じられない方には、手放せない一本になるポイントとなっています。

お手入れが面倒だという方には

包丁に用いられている素材の中で、ほとんどお手入れが必要ないのがセラミック製の包丁です。
セラミックとは簡単に言えば陶器の事です。
包丁で使われることが多いのが「ジルコニアセラミック」という、硬く耐熱性にも優れ、義歯にも使われている素材です。
切れ味が長持ちし、日々のお手入れも、食器の様に洗ったり、漂白する程度なので、お手入れに時間をかけたくない(面倒くさいことはしたくない)方に向いています。
ただし、金属製の包丁に比べ、弾力性に乏しく、かぼちゃなど硬い食材を切ると、欠けてしまうこともあります。
一方、鉄の様にしなやかで、お手入れも楽な素材がステンレスです。
一番の魅力は錆びにくいということ。
切れ味が悪くなったら鋼の包丁と同様研ぐことが可能です。
同じ価格帯のものだと、鋼よりも切れ味の持続性は劣るのが一般的です。
また、研ぐときは鋼とは違う、研磨力の高いセラミック砥石を使用する必要があります。