加熱料理に用いる調理器具

この記事をシェアする

料理のジャンルによっても選ぶ道具が変わる

料理はジャンルによって熱伝導率が重要になる場合もあります。
例えば、焼いたり炒めたりする際は、高温での調理が触感や仕上がりにおいて重要になります。
鉄製のものは、丈夫で熱にも強いため、中華料理のような一気に過熱する料理に向いています。
包丁同様、水気を残さないことや、使用後油を薄く塗っておくなど、お手入れにひと手間必要です。
また、最近人気の素材にアルミ製のものがあります。
シルバーのシックな見た目や、イタリアンやフレンチのシェフが使っているイメージから、おしゃれなイメージが人気の秘密です。
アルミは鉄よりも熱伝導率が高く、火加減調整がしやすい、というメリットもあります。
最初にお米のとぎ汁を煮立たせ、表面に被膜を作っておけば、錆などもふせげます。
ただし、鉄に比べて油なじみが悪いので、食材を焼くときにくっつきやすいというデメリットがあります。
ソースなどをつくったり、パスタ調理などに向いています。

お手入れしやすさ抜群

鍋やフライパンの様な加熱用調理器具には、素材そのものの特性を生かしたものの他に、表面に加工をすることで、機能性を高め、お手入れを楽にする工夫を凝らしているものもあります。
それが、フッ素樹脂加工を施した調理器具です。
熱伝導が良く、軽量のアルミニウムが基材として使われることが多く、その表面に熱に強く、滑りやすいフッ素樹脂を塗装することで、油をひかなくても食材が表面にくっつきにくく、軽いフライパンになっています。
フッ素樹脂は熱に強い性質がありますが、鉄に比べると上限温度は低めなので、高温調理には向いていません。
また、表面の加工に傷がつくと、そこから塗装がはがれてしまうので、先のとがった器具や金属製のフライ返しなどは使用しない方が良いでしょう。
フッ素樹脂加工した器具を260度以上に加熱すると劣化が、350度以上だと有害なガスが発生するといわれているので、調理の際には注意しましょう。